妊娠中 脱毛

妊娠中に脱毛できるのか・するべきか

脱毛サロンやクリニックでは妊娠中の脱毛はできません。

 

胎児に影響があるという訳ではありませんから、妊娠を考えている女性も気軽に脱毛は受けることができます。

 

妊娠中は脱毛時の痛みによる刺激やストレスが母体に良くない為で、陣痛が誘発されるのも防ぐためです。

 

要するに万が一のトラブルがあった場合に脱毛サロンやクリニックは対応できないので、施術は断ります。という事です。

 

妊娠中の身体というのは急に気持ちが悪くなったり、吐き気やめまいなどの体調の変化が起こりやすいですし、精神的にも非常に敏感になっています。

 

妊娠初期は特に体も心も不安定なので、マタニティエステなども受けることができません。

 

妊娠中はそのくらい敏感になってしまうんですね。

 

また、妊娠すると女性ホルモンが多くなり、体毛の成長期は長引くため、一時的に体毛が多くなることが知られています。

 

お腹の毛がすごく濃くなったり、脇やビキニラインは大きく影響を受けるようです。

 

これらは妊娠後元の状態に戻ることがほとんどですし、体毛のサイクルが変わってしまうため、妊娠時には脱毛効果も期待できないようです。

 

多くの女性は結婚前の独身時代に脱毛などを済ませることが多いです。

 

妊娠中は施術を受けることができないという事もありますが、結婚をすると時間も経済面も余裕がなくなるため。という理由もあります。

 

ブライダルエステなどで一緒に脱毛をしてしまう場合もあるようです。

 

そして、妊娠を考えている方については、脱毛している期間中に妊娠した場合についての契約を確認する必要があります。

 

妊娠による休会、延長が可能かどうかという事です。

 

サロンによってはこのようなサービスがなかったり、逆に休会の手数料を取られたりもするみたいです。

 

そして、期間のあるコースの場合は無駄になってしまいます。

 

今は多くのサロンがありますので、無期限の回数制や都度払いのできるサロンを選んだ方が無難に脱毛できそうです。

 

オススメの脱毛サロンはこちらを確認>>

妊娠中は脱毛できるのか関連ページ

脱毛エステとは
脱毛エステとはそもそもどういうことをしてもらえるかをしっかりと解説します
効果を最も高める方法
脱毛エステの効果を最も高める方法についてしっかりと解説します
メリットは沢山ある
脱毛エステのメリットは自己処理やクリニックよりもあることを知っておいてください
痛みがあるのか
脱毛は本当に痛いのかどうかについて詳しく説明いたします
直ぐに効果が表れるか
脱毛処理は直ぐに効果が表れるかどうかを説明いたします
脱毛後に気をつけること
脱毛後に気をつけることをまとめてみましたので参考にしてみてください
ムダ毛は抜くべきか
ムダ毛は自己処理で抜くほうが良いのかどうかを詳しく解説します
産毛は脱毛するべきか
産毛は脱毛するべきかどうかを詳しく説明します
生理中に脱毛は受けられるのか
生理中に脱毛は受けられるのかどうかについて見ていきます
ピル服用中の注意点
ピルの服用中に脱毛をしてもよいかについて詳細にい説明します
何回くらい脱毛すればよいか
脱毛は何回くらい通えばよいのかについて説明します
永久脱毛は本当に永久なのか
永久脱毛は本当に永久なのかについて詳細に解説します